【DC最新映画】ワンダーウーマン1984 ネタバレ&感想 クリス・パインイケメン!! 

待ちに待ったワンダーウーマン1984!

昨今のコロナウイルスの影響で公開が延期に延期されてた、ワンダーウーマン1984。

ついに公開!(2020/12/18)
公開初日に観てきました!

いやー。やっぱりアクション映画はこうじゃなきゃだめですね。

アメリカ人俳優 クリス・パイン演じるスティーブがどのように作中に登場するのか気になりますよね!
見どころたっぷりのワンダーウーマンの感想を紹介していきます。

(※ネタバレ含みますのでご注意ください)

評価:★★★★★

私自身洋画がメインでたまに邦画も見たりしますが、最近は特に洋画が公開延期になり
あまり見れていなかったため久々に興奮したアクション・展開でした。

かっこいいアクション・感動ありの満足いく一本でした!!!

目次

ポイント①:キャスティング

ガル・ガドットが引き続き、主演ダイアナを演じるのはもちろんのこと、
前作で戦死した設定になっているクリス・パイン演じるスティーブが再び登場します。

クリス・パインさんは個人的にすごく好きな俳優さんの一人で
スタートレックシリーズで好きになりました。(スタートレックシリーズもとても好きです)
演技ももちろんですが、彼が出す雰囲気がとてもかっこよくて好きです。

今回どんな展開で登場するかは後程記述します。

また、ヴィラン・チーター役で出演するのがクリスティン・ウィグ

最近では、ゴーストバスターズ(2016)やオデッセイ(2015)に出演しているとのこと。
勉強不足で申し訳ないですが私自身上記映画2つとも未鑑賞です・・・。

クリスティン・ウィグさんは今回の映画で初めましてだったのですが
調べてみるとなんと47歳との事。ゴリゴリのアクションをこなしているのですごいですね(笑)

ただ、やはりベテランということもあり、演技がすばらしかったです。

コミュニケーション下手なキャラや、その後のヴィランっぷりもさすがでした。

ポイント②スティーブの復活方法

今回私は特に気になっていたのがスティーブ(クリス・パイン)が
どのような形で復活するか。

今回の設定として、
とある神が作った石がありその石には人々の願いを1人1つまで叶えることができる(条件付きで副作用あり)
というものでした。

ダイアナはその石の詳細を迷信だと思っていましたがそうなったらいいなーくらいの感じで
スティーブのことを想うとなんと別の人の体を借りてスティーブが復活(笑)

意外とあっさり復活しましたね(笑)

それまでダイアナは戦後からずっとスティーブに会いたいと思っていましたから
私も感情移入してしまい再会シーンにはかなり高揚しました。

しかしストーリーが進んでいくと石の正体が発覚。

願いを叶える代わりに代償を払わなければならない」というもので
この条件が物語の大きなカギでした。

ダイアナが支払った代償はなんとワンダーウーマンとしてのスーパーパワー
みるみる内に弱っていきました。

それに気づいたスティーブは「世界の人々を救うには君のその力必要だ」と
ダイアナに告げます。しかしそれはスティーブとダイアナの別れを意味します。
ダイアナは世界の人々かスティーブか本当に葛藤していました。

ダイアナはなんとか別れを決意しますが、この別れのシーンがほんとに辛くて。
でもとてもかっこよくて。素敵でしたね。泣きました。(笑)

私はこのシーンが今回の一番の見どころではと思います。
もちろんアクションシーンもかっこよかったですが、現在のジャスティスリーグシリーズで
登場しているワンダーウーマンはこの経験を経ているのだと思うとなんだか胸が苦しくて。。。

二人の愛がほんとに素敵で私たちもそんな夫婦になりたいですね(*´ω`*)

まとめ

やっぱり大手アメコミはおもしれぇーー!!って感じです。
日本のアクション映画と比較するとさすがのクオリティだなと感じました。

DC映画の今後の放映予定作品は


・ザ・バットマン
・スーサイドスクワッド2
・アクアマン2
などなど楽しみなラインナップですね!

やっぱりアメコミは映画館でみるのが一番!みなさんもコロナが落ち着いたら
ぜひ、映画館で映画を鑑賞しましょう!!!!

今回の映画レビューはこのあたりで!
また随時観た映画も更新します!もちろん古い映画も!

本日もご愛読ありがとうございましたーー!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

どうも!ゆりちゃー夫婦です!
20代の夫婦でブログ書いてます( *´艸`)
趣味や資産形成など嘘偽りなく投稿します!
みなさんのお役に立てるよう頑張ります!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる