【新人保育士必見!】就職前準備これさえあれば心配なし!!<必要品編>

どうもこんにちは!元保育士のゆりです!
保育士必見第二弾!春からの就職に不安なく働くことができるように今回の記事を書きたいと思います。

前回の記事で服装についてはバッチリ!

だけどこれだけでいいのかな。。。

保育をしていく中でどんなものがあると便利なんだろう

知りたいな~

とこんなお悩みを抱えている保育士になる皆さん!
大丈夫です!今回は春からの就職に不安なく働くことができるように元保育士の経験から感じた必要品、便利品、やっておくと効率仕事ができることなどについてお話をしていきたいと思います。

目次

保育士の必需品<必要品編>

文房具

◆ハサミ◆・・・壁面を作ったり、子どもたちの制作物の準備、様々な行事で必ずハサミを使います。必要不可欠なものになってくるので、なるべく切りやすくて持ち手が疲れないハサミを買っておくといいですよ。

◆筆記用具◆・・・特にボールペンについては子どもの連絡事項、会議メモ、仕事の中ですぐメモができるように何本か持っておくといいと思います。キャップ式は急いでいるときに面倒だったり、誤って落として乳児さんの口に入らないためにもノック式がおすすめです。ですが、かがんだり、子どもを抱っこしたりと動作が多いため気づいたらエプロンや服にペンの色がついていた・・・なんてことも多々あります。入れる場所やかける場所を考えて使うといいと思います。
ちなみに私は「ジェットストリーム」派でした。なめらかでスラスラ書けることが魅力です。紙に染み込みやすくて速乾性に優れているので大事な書類を書く際には大活躍しました。

◆メモ帳◆・・・これも必需品です。毎日担当のクラスの子だけでなく、早番、遅番、戸外遊びなど様々な場面で異年齢児の子どもたちと関わります。「外遊び中に転んでけがをした」「お友達同士でおもちゃの取り合いをして怒った子がたたいてしまった」「早番、遅番の際に保護者の方から伝言があった」など、様々な場面で情報共有を行わなければいけません。毎日忙しい中でメモを取らず『私は聞くだけで必ず覚えることができます!!!』という方ならばいらないかもしれませんが、これから保育現場へ入る新人保育士さん方は日々の忙しさで覚える事も大変かと思います。連絡漏れがないようにすぐ書き留めることができるメモをポケットの中に入れておくと安心かと思います
ちなみにメモはなんでも構いません。100均で売っている物もよし、家にあるいらない用紙を自分の持ちやすい大きさに切ってホッチキスでとめてもよし。「何もないからわかりません。ではなく、小さなことでもメモして不安をなくしましょう。」疑問、わからない事をその時は聞く時間がなくてもメモをしておけば後から他の先生にも聞きやすいですよね。報連相をしっかり行うことで保育士間の信頼関係にも繋がっていくと思いますので面倒くさいと思わず、小さなことでも積み重ねていきましょう。

◆付箋◆・・・先ほどメモをよく使うといいましたが、付箋も必需品です。他のクラスの先生への連絡事項を伝える時に渡したり、やるべきリストをよく見る場所へ貼っておいたり、書類をわかりやすく分類したり様々な場面で活躍をします。皆さんがよく見る細身のものや正方形の付箋を用意しておくと便利ですよ。

◆クリアファイル◆・・・クラスで必要なもの、学年で使うもの、行事、会議、手紙など書類がとても多いので項目ごとに分けることのできるファイルを用意

ファイルを整理するBOXがあるととっても便利!!◆スタンプ◆・・・保育園の中でも製作ノートなどで頑張ったねご褒美としてスタンプを使うことも多くあります。100均もかわいいのもありますし、こだわりたい方は子どもたちの好きなキャラクターなどを揃えておくのも良いですね。しかし、私の働いていた園でも子どもたちの主体的な活動を重視するようになり製作ノートが廃止になりスタンプの使い道を失ってしまった!なんてこともあるので、園の方針に従ったうえの購入が安心かと思います。

◆連絡ノート◆・・・乳児クラスでパートさんがいるクラス、年少児で副担任またはパートさんがいるクラスについてはこれがあるととても便利です。結論から言うと共有ノートがあることで圧倒的に連絡ミス、漏れが少なくなるからです。なぜそんなことを言うかといいますと、私も身に覚えがあるからです。。。会議では正社員だけ参加しますよね。会議で細かく変更点があったり、出勤時間が変わったり、追記事項があったり、パートさんがお休みの日に子どもの必要連絡があったり、日々情報が変わっていくのに1~2年目は何も用意をしていなくてすごく苦労をしました。私のようにならないために役立ったことをお伝えします。

仕事の効率化するなら

保育士間での情報共有】

①A4ノートに「日付と記入者名」「連絡事項」「確認者サイン」の項目を作る
②その日の出来事、変更事項、配布物や持ち帰り確認などそのクラスの中で必要な連絡事項を記入してお。
曜日ごとで出勤するパートさんにとっても状況がよくわかり「その話聞いてない!!」なんていうミスがなくなります。複数担任の方はぜひこの方法を試してみてください。                      

【保護者への連絡事項】

①登園時、降園時の必要事項を表にする
②その日保護者の方に確認した内容を記入。降園時にお伝えする内容を記入。
 降園時に一斉に保護者の方の対応をするのは大変です。必要な情報を簡潔にお伝えするために!
 肝心な内容の連絡漏れをしないためにも!


遊びアイテム

◆絵本、5分間保育で使えるもの◆・・・子どもたちを惹きつけるものといったら「絵本」や「紙芝居」ですよね。年齢、発達に応じたもの、行事もの、心に響くもの(片付け、トイレ、好き嫌いなどなど)様々なジャンルの絵本をもっておくと静と動の区切りをつけたいときなどに子どもたちの注目を集められることができます。ですが毎日絵本の繰り返しだけではパターン化するので5分間保育(ちょっとした時間に注目を集めれるもの)を用意するのも保育の幅が広がっていいと思います。

◆CD◆・・・雨で外に行けないけど身体を動かしたいなー。と思った時にはCDが大活躍!簡単にできる体操からリトミック、CDを使って「動く、止まる」の動作を含めた遊びなどをすると子どもたちも喜びます!是非準備してみてくださいね。

まとめ

現場に立つようになると「あれも、これも必要だった」と気づくこともあるはずです。「しまった。」と思う前に事前に準備を進めて保育士をスタートさせましょう。必要だと思うものを用意しておくと作業も捗り業務時間の効率化にも繋がると思います。負担のない仕事ができるといいですね。

是非参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

どうも!ゆりちゃー夫婦です!
20代の夫婦でブログ書いてます( *´艸`)
趣味や資産形成など嘘偽りなく投稿します!
みなさんのお役に立てるよう頑張ります!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる