【保育士】理想と現実 うまくいかない時に思い出すべきこと

目次

はじめに

はじめまして
元保育士のゆりです!

保育ブログ第一弾です!
晴れの日も雨の日も風の日も保育を頑張っている先生
育児を頑張っているお母様お父様方

毎日お疲れ様です!

私のブログは保育士の経験から学んだこと後悔したこと楽しかったことためになったことなど様々な目線から感じ発見できたことを綴っていきたいと思います

毎日へとへとになっても愛する子どもたちのために努力している先生やお母様方に少しでも力添えできらたら嬉しいです!

このブログに賛否両論あるかと思いますが温かく見守っていただけると嬉しいです

また、私の一個人としての思いや意見ですのでご了承ください

それではご覧ください!
今回は保育士を目指している方に!毎日の保育を頑張っている先生方に!

保育で後悔しない為にできること

子どもたちの成長はあっという間です
時は過ぎたら戻せません
「あの時もっとこうしてあげればよかった。もっと優しくしてあげればよかった。」
そんな後悔がないように今目の前にいる大切な子どもたちと全力で向き合いましょう!!

でも全力って・・・私たちも人間だから「そんな毎日毎日がんばれないよー」って思いますよね。

全力といっても体も心も疲れ果てながら保育をしていては楽しめないですよね?
疲れているだけでもイラっとしてしまいますよね
わざとじゃなくてもついつい子どもに八つ当たりしちゃったり
でも後々気持ちが収まってから「あぁ、やっちゃった」と後悔したり
それは子どもにもその気持ちがよく伝わってしまいます

「じゃあ、どうすれば”心も体も楽しんで”ってできるのかな?」と思いますよね

そんな先生やお母さんたちの思いに応えられるようにこのブログで伝えていこうと思います
子どもたちの一つ一つの成長を共有したり一緒に考えて明るく楽しい保育を目指していきましょう!!

 

私のプロフィールはこちら↓

名前:ゆり(仮)
免許:保育士免許 幼稚園教諭二種免許子どもたちとのびのびとした環境の中で保育をしたいと思い、見学の際に保育士と子どもの笑い声や保護者とも穏やかに話しているアットホームな雰囲気を見て心奪われ私立保育園に就職
乳児:2年 年少:2年その後ちゃ(夫)との生活を始めるために退職し、新しい環境の中企業内託児所に就職
0~3歳の異年齢児保育:1年
どんなに大変でも大好きな子どもたちの為ならなんでも頑張れると思い働いてきましたが、将来のことを考え5年を終えるところで一旦保育という仕事を離れることにしました
今後育児の中で様々なことを子どもに伝えていこうと思っています
ここからは私自身の体験談を書いていこうと思います(‘ω’)ノ

保育士の理想と現実

担任になり毎日子どもたちと共に汗をかきながら元気いっぱい保育していました
「〇〇せんせい」と下の名前で呼んでくれる子どもたち
その可愛らしい笑顔に何度”きゅ~~ん❤”ときたことか
子どもたちの笑顔は明るくなるだけじゃなくて
「あぁ、この子たちのために私も元気いっぱい頑張ろう!」って前向きな気持ちになれますよね
「よし!私も心にゆとりをもって明るく楽しい保育を提供していこう」
そんな決心をして期待を膨らませて社会人となった1年目

 

現実は甘くなかった!!!

 

考えていた保育士LIFEと現実はあまりに違って最初は衝撃を受けました
私が感じた保育士になって感じたギャップTOP3は以下のようになります

1.子どもの命を預かる責任感
2.業務の多さ
3.体のケアの難しさ
1:子どもの命を預かる責任感

保育士といえば「子どもと楽しく遊ぶ」ことはもちろんですが重要なのが「子どもの命を預かっている」ということですよね
子どもは好奇心旺盛です。いろんなことを探索して経験することが大好き!ただすべてが安全に遊べる訳ではありません
ケガ、事故がないよう見守る・予防するのも保育士の重要な仕事だと思います

すなわち、常に気を張るという事になります

保育士が視野を広く持つようにとよく言われる理由はここにあるかなと思います
最初これを身に着けるまでに焦っていた覚えがあります
ですが視野を広げることによって子どもたちのことをより細かくみることができたように感じます

  じゃあ「視野を広げるってどういう事?」については別記事で載せていこうと思います!

2.業務の多さ

保育士って書くもの作るものが本当に多いですよね
個人の記録であったり壁面であったり常に何かに追われていますよね
「毎日毎日大変だー」と思う気持ちもありますが書類によって「この子はどんな性格だろう」
「今まで自分の思いが伝えきれなくて泣いていたけど、少しずつ声に出してくれているな」
など一人ひとりのことをよく観察すことによってその子がどういう子で何を求めているのか
気持ちや体の変化など様々なことを振り返れるので気付くことが増えると思います
一つ一つは大変ですが、先生方にとってもとっても大切なメモ帳だと思って頑張ってみてください!!

3.体のケアの難しさ

先生方は朝早くから出勤し暑い・寒い中掃除や保育室の準備、紫外線をたくさん浴びる子どもたちとの園庭あ
そび、日常や様々な行事の中で使う体力や声出し
くたくたになりながらも笑顔で子どもたちと接している先生方は本当にすごいと思います!!
ただ一つ気を付けていただきたいのが保育士はありとあらゆる病気をこれでもか!!っていうぐらい子ども
からもらいます
皆さんもありとあらゆる対策をしていると思いますが、体にストレスが加わると保育にも影響します
平日は中々病院にも行けず大変かと思いますが、せめて休日は自分の体を労わってあげてください
「周りもそうだから自分も無理して頑張らなきゃ」と思う必要はありません
自分は自分!子どもたちを大切にするように自分の体も大切にしてあげてくださいね
私も「体疲れてきているなー」と感じるときには子どもに言うかのように自分に「今日も頑張ったよ。お疲れ
様」と声に出すようにしています
そうすると不思議とフッと体が軽くなったように感じます
もし良かったら疲れた自分に声をかけてみてください

忙しいとついマイナスな考えをしてしまう事もあるかと思いますが、そんな時こそ発想を変えてみましょう!
「いやだなー、やりたくないなー」が「ここを乗り越えたら子どもたちに一つ向き合える」「一つ自分の知識になった」と前向きな気持ちになれると思います
私もこの考え方になるまで時間がかかりました
負の気持ちになっている時に一度「自分は今何を思っているのかな」と問いかけてみてくみてください
一つ前向きに考えれたら自分を褒めてあげましょう

いつもいつも頑張っているあなたが少しでも楽しく保育ができますように

最後までご覧いただきありがとうございました
次回の記事も見ていただけたら幸いです( *´艸`)

心も体も楽しんで保育をしよう!愛される先生になるために

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

どうも!ゆりちゃー夫婦です!
20代の夫婦でブログ書いてます( *´艸`)
趣味や資産形成など嘘偽りなく投稿します!
みなさんのお役に立てるよう頑張ります!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる